ファスティングダイエットにおいてどうすれば初心者でも失敗せずにすむか?

一定期間固形物を何も口にしないファスティングダイエットは減量効果がある反面、初心者にとっては慣れていないこともあって空腹感に耐えれらずに失敗してしまうこともあります。

そこで初心者でも失敗せずに無理なく続けることができる方法としては、夕食の時間帯に行うことです。

そこで夕食の時間帯に行うメリットについて述べていきます。

1.夕食の時間帯は体脂肪の合成を促進する

夕食後は寝るだけで活動量がてきめんに少なくなって食べたものがエネルギーとして使われにくくなり、脂肪に変わりやすくなります。
そこでこの夕食の時間帯を利用してファスティングダイエットを実践すると、摂取カロリーも大幅に減ってダイエットの促進につながります。

2.夜には脂肪を蓄積させるビーマルワンが増える

夕食をたくさん食べると、体脂肪の蓄積を促進するビーマルワンというが多く分泌されて、太りやすくなります。
この物質は時間帯によって大きく左右され、15時前後が一番少なく、この時間帯を境に夜に移行するにつれて
増え続けて22時から午前2時ぐらいが一番ピークに達します。

このことから体脂肪を増やすビーマルワンが増える時間帯において、夕食代わりにファスティングダイエットを実践するとダイエット効果は高まります。

3.代謝が落ちる

特に夜の時間帯は副交感神経が優位に働くので、代謝が落ちます。

代謝が落ちると食べたものが消費しきれないので余分なエネルギーは体脂肪として蓄えられます。

このように夜にカロリーを摂取しすぎるとてきめんに太りやすくなるという原理を逆手にとって、夕食の時間帯に
ファスティングダイエットを実践するのはおすすめです。

夕食の時間帯ならばあとは寝るだけなのでさほど負担を
感じることなく、無理がなくて体の負担もさほどかからない方法だといえます。